本学の研究・教育活動に伴って発生する実験廃液は、廃棄物の処理及び清掃に関する法律(廃掃法)の定める特別管理産業廃棄物であり、排出者の責任において適正に管理し、廃棄処分することが求められている。

環境科学センターでは、有機廃液については、毎年5月、10月、1月の年3回、無機廃液については毎年6月に無機廃液の処理を受け付けている。

リンク