投稿者: kankyoadmin 投稿日時: 2014/6/3 13:55:52 (1617 ヒット)

第20回公開講演会
- 緑の地球と共に生きる -
日時:2014年6月20日(金)午後1時半〜5時
会場:京都工芸繊維大学センターホール(入場無料)

1.「環境性能の高いLED照明の現状と課題」

京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科 教授
森本 一成

略歴
1978年 京都工芸繊維大学大学院工芸学研究科電子工学専攻修士課程 修了
1979年 京都工芸繊維大学工業短期大学部 技官
1994年 京都工芸繊維大学工芸学部電子工学科 講師
1998年 京都工芸繊維大学工芸学部電子工学科 助教授
2006年 京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科先端ファイブロ科学部門 教授
2014年 京都工芸繊維大学 副学長、COIヘルスサイエンス拠点長

要旨:発光ダイオードLED(Light Emitting Diode)は高発光効率、低消費電力、長寿命といった特性を有し環境性能の高い照明具としての期待が大きい。このため住宅や公共施設などの様々な場面において蛍光ランプや白熱電球の代わりとしてLED照明の供給が加速している。また、LEDは振動に強い、小型•薄型化が容易、調色•調光を自在にできるといった特徴もあり、各種表示装置、携帯電話や薄型テレビのバックライト、交通信号機の灯器などへの利用も急速に進んでいる。本講演ではこうしたLED照明の製品事例や導入事例等を紹介し、LED開発の現状と課題について述べる。

2.「土からみた地球環境問題」

神戸大学大学院農学研究科 教授
藤嶽 暢英

略歴 
1988年 神戸大学大学院農学研究科修士課程 修了
1991年 神戸大学大学院自然科学研究科博士後期課程 修了
1992年 神戸大学大学院自然科学研究科(地球環境)助手
1999年 神戸大学農学部 助教授
2007年 神戸大学大学院農学研究科 准教授
2010年 神戸大学大学院農学研究科 教授

要旨:温暖化,砂漠化,塩害,酸性雨などの地球規模の環境問題はいずれも我々の足下にある土壌と極めて密接に関係している。例えば温室効果ガスである大気中CO2濃度の上昇は植物による光合成(炭素固定)を活発にすることが抑止力のひとつとして挙げられているが,植物に固定される炭素の3倍もの炭素が実は土壌に存在する。したがって,緑を増やすことも必要であるが,土壌に蓄積された炭素がCO2として放出されないようにすることはより重要な課題である。本講演では「土ってなんだろう」という基本解説から「環境問題と土の意外な関わり」へと幅広く解説する。


嵯峨キャンパス学道会館でも講演会に参加できます。
講演を中継:質疑応答にも参加可能
嵯峨キャンパス 京都市右京区嵯峨一本木町
会場についての連絡先Tel. 075-861-0714 


主 催
都工芸繊維大学環境科学センター
Home Page Address http://environ.kit.ac.jp/


投稿者: kankyoadmin 投稿日時: 2014/4/16 19:56:44 (1568 ヒット)

「京都工芸繊維大学環境科学センター報“環境”第26号 」を発行いたしました。

 広報誌「環境」26号 ダウンロード (PDFファイル)

・予断に基づく発想“事故は起こらないだろう”
  環境科学センター長 柄谷  肇
・研究室における有機溶媒の使用現状と削減努力
  有機廃液処理主任 今野  勉
・わが家の電力事情
  廃棄物管理主任 若杉耕一郎
・環境について(雑感)
  研究推進課産学連携推進室長 人見比呂司
・利用者の声:
 ・映像デザイン研究室と環境マネジメントシステム
  大学院工芸科学研究科 市川 靖史
・第19回公開講演会について
 「黄砂,PM2.5など中国大陸からの越境汚染について」
  環境科学センター 山田  悦
 「地球温暖化による琵琶湖の深刻な問題」
  立命館大学総合科学技術研究機構教授 熊谷 道夫
 ・公開講演会のポスターを作成して
  大学院工芸科学研究科 三浦 義弘
・環境科学センター内の分析装置の紹介
 Ⅲ 熱分解 ヘッドスペースGC / MS分析システム
  環境科学センター 布施 泰朗,山田  悦,柄谷  肇
・本学の「ごみ減量・3R活動優良事業所」の認定について
  環境科学センター 山田  悦,布施 泰朗,柄谷  肇
・びわ湖環境ビジネスメッセ2013への出展について
・本学における有機ハロゲン溶剤の使用状況と処理について
  環境科学センター 布施 泰朗,山田  悦,柄谷  肇
・研究活動
 1.カーボンナノチューブの作製と
   エネルギーデバイス用材料への応用
  大学院工芸科学研究科 林  康明
 2.大学におけるダイオキシンの排出管理と
   学内濃度の経年変化(2000 ~ 2013年)
  環境科学センター 山田  悦,布施 泰朗,柄谷  肇
 3.センターでの研究業績(2012 ~ 2014)
・センター業務報告
 1.環境マネジメントシステムISO14001の更新審査
 2.廃液処理状況
 3.EMS実験系サイト及び非実験系サイト研修
   環境安全教育デーの実施について
 4.設備保全状況等
 5.特別管理産業廃棄物の処理
 6.構内排水の水質管理
 7.対外活動


投稿者: kankyoadmin 投稿日時: 2013/12/20 17:04:46 (1537 ヒット)

京都工芸繊維大学が
エコ大学ランキング
で総合4位に!

【第5回エコ大学ランキング結果】
【総合順位】
[順位]  [大学名]          [総合得点]
第1位  三重大学(上浜キャンパス)    646点
第2位  岩手大学            645点
第3位  日本工業大学 (宮代キャンパス) 629点
第4位  京都工芸繊維大学        613点
第5位  大阪府立大学          588点


全国の大学の現状を明らかにし、積極的に地球温暖化対策を行っている大学を「エコ大学」として集めたのが、エコ大学ランキングです。
エコ大学ランキングは、全国の大学の地球温暖化対策が活発化することを目標としています。
そのために私たちCampus Climate Challenge実行委員会 は大学の二酸化炭素排出状況、実践している地球温暖化対策、環境教育支援、学生との活動連携の調査を行い、その結果を集計してポイントの高い大学を表彰しています。
http://ccc.eco-2000.net/eco-campus


投稿者: kankyoadmin 投稿日時: 2013/12/10 17:14:28 (1280 ヒット)

NO.88 環境科学センターニュースを発行しました。
以下のURLからダウンロードして閲覧してください。

PDFファイル
http://environ.kit.ac.jp/files/News88.pdf

閲覧するためにはAdobeAcrobatReaderまたは互換ソフトが必要です。


投稿者: kankyoadmin 投稿日時: 2013/7/29 10:55:28 (1319 ヒット)

NO.87 環境科学センターニュースを発行しました。
以下のURLからダウンロードして閲覧してください。

PDFファイル
http://environ.kit.ac.jp/files/News87.pdf

閲覧するためにはAdobeAcrobatReaderまたは互換ソフトが必要です。


« 1 2 3 (4) 5 6 »