投稿者: kankyoadmin 投稿日時: 2018/6/1 14:09:49 (452 ヒット)

第24 回公開講演会 -緑の地球と共に生きる-

2018 年6 月25 日(月)午後2 時〜5 時
京都工芸繊維大学60 周年記念ホール(入場無料)

ポスターはこちら(PDFファイル)

開会の挨拶
京都工芸繊維大学 学長 森迫 清貴

講演1.「エコロジスト南方熊楠」
京都工芸繊維大学 環境科学センター 准教授 岩崎 仁

略歴:京都大学大学院工学研究科工業化学専攻修了、論文博士(工学)。京都工芸繊維
大学工業短期大学部写真工学科助手、同工芸学部物質工学科助手を経て、現職。南方熊
楠顕彰会理事、日本写真学会理事・西部支部長。著書に、『南方熊楠の森』方丈堂出版
(松居竜五と共著)など。
要旨:南方熊楠(1867-1941)は、民俗学者、思想家として評価・研究対象であると同
時に、日本の先駆的環境保護活動家、エコロジストとして評価されている。近年、新資
料が発見されるなど彼の研究活動について調査が進み、これまでと異なる新しい南方熊
楠像が形成されつつある。この講演では、最近の研究成果を紹介しながらエコロジスト
としての側面を中心に、南方の生涯を概観する。

講演2.「南方マンダラと生態系」
龍谷大学 国際学部 教授 松居 竜五

略歴:東京大学大学院総合文化研究科博士課程中退、論文博士(学術)。東京大学教養
学部学生担当講師、ケンブリッジ大学客員研究員等を経て、現職。南方熊楠顕彰会理事、
日本国際文化学会常任理事。『南方熊楠 一切智の夢』朝日新聞社(1992 年度小泉八雲
奨励賞受賞)、『南方熊楠 複眼の学問構想』慶應義塾大学出版会(2017 年度角川財団学
芸賞受賞)など著書多数。
要旨:南方熊楠が1901 年から1904 年の
那智滞在期に真言僧の土宜法龍に送っ
た書簡には、「南方マンダラ」と呼ばれ
る独自の思想が示されている。この時期
の熊楠は、那智山中で隠花植物を中心と
するさまざまな生物の調査をおこなっ
ており、「南方マンダラ」の中にそうし
た生態系に向けた視線が織り込まれて
いることは重要である。本講演では、熊
楠の思想における生態系理解から「南方
マンダラ」への展開の道筋を分析する。

閉会の挨拶
京都工芸繊維大学 環境科学センター長 柄谷 肇


投稿者: kankyoadmin 投稿日時: 2018/2/19 17:24:22 (444 ヒット)

NO.101 環境科学センターニュースを発行しました。
以下のURLからダウンロードして閲覧してください。

PDFファイル
http://environ.kit.ac.jp/files/News101.pdf

閲覧するためにはAdobeAcrobatReaderまたは互換ソフトが必要です。


投稿者: kankyoadmin 投稿日時: 2017/12/19 21:59:27 (434 ヒット)

NO.100 環境科学センターニュースを発行しました。
以下のURLからダウンロードして閲覧してください。

PDFファイル
http://environ.kit.ac.jp/files/News100.pdf

閲覧するためにはAdobeAcrobatReaderまたは互換ソフトが必要です。


投稿者: kankyoadmin 投稿日時: 2017/8/10 11:23:49 (689 ヒット)

NO.99 環境科学センターニュースを発行しました。
以下のURLからダウンロードして閲覧してください。

PDFファイル
http://environ.kit.ac.jp/files/News99.pdf

閲覧するためにはAdobeAcrobatReaderまたは互換ソフトが必要です。


投稿者: kankyoadmin 投稿日時: 2017/6/6 14:07:15 (682 ヒット)

2017年4月に環境科学センター広報誌「環境」No.29
が発行されました。

以下のURLでPDFファイルを配布しています。
http://environ.kit.ac.jp/files/kankyo29.pdf

ダウンロードして閲覧ください。


(1) 2 3 4 ... 8 »