お知らせ : 広報誌「環境」26号発行
投稿者: kankyoadmin 投稿日時: 2014/4/16 19:56:44 (1373 ヒット)

「京都工芸繊維大学環境科学センター報“環境”第26号 」を発行いたしました。

 広報誌「環境」26号 ダウンロード (PDFファイル)

・予断に基づく発想“事故は起こらないだろう”
  環境科学センター長 柄谷  肇
・研究室における有機溶媒の使用現状と削減努力
  有機廃液処理主任 今野  勉
・わが家の電力事情
  廃棄物管理主任 若杉耕一郎
・環境について(雑感)
  研究推進課産学連携推進室長 人見比呂司
・利用者の声:
 ・映像デザイン研究室と環境マネジメントシステム
  大学院工芸科学研究科 市川 靖史
・第19回公開講演会について
 「黄砂,PM2.5など中国大陸からの越境汚染について」
  環境科学センター 山田  悦
 「地球温暖化による琵琶湖の深刻な問題」
  立命館大学総合科学技術研究機構教授 熊谷 道夫
 ・公開講演会のポスターを作成して
  大学院工芸科学研究科 三浦 義弘
・環境科学センター内の分析装置の紹介
 Ⅲ 熱分解 ヘッドスペースGC / MS分析システム
  環境科学センター 布施 泰朗,山田  悦,柄谷  肇
・本学の「ごみ減量・3R活動優良事業所」の認定について
  環境科学センター 山田  悦,布施 泰朗,柄谷  肇
・びわ湖環境ビジネスメッセ2013への出展について
・本学における有機ハロゲン溶剤の使用状況と処理について
  環境科学センター 布施 泰朗,山田  悦,柄谷  肇
・研究活動
 1.カーボンナノチューブの作製と
   エネルギーデバイス用材料への応用
  大学院工芸科学研究科 林  康明
 2.大学におけるダイオキシンの排出管理と
   学内濃度の経年変化(2000 ~ 2013年)
  環境科学センター 山田  悦,布施 泰朗,柄谷  肇
 3.センターでの研究業績(2012 ~ 2014)
・センター業務報告
 1.環境マネジメントシステムISO14001の更新審査
 2.廃液処理状況
 3.EMS実験系サイト及び非実験系サイト研修
   環境安全教育デーの実施について
 4.設備保全状況等
 5.特別管理産業廃棄物の処理
 6.構内排水の水質管理
 7.対外活動

Printer Friendly Page Send this Story to a Friend